• ホーム
  • 睡眠不足は女の敵!きちんと寝る習慣を付けよう!

睡眠不足は女の敵!きちんと寝る習慣を付けよう!

美肌など美容の面でも、健康面においても睡眠不足は天敵です。生活リズムが崩れてしまうことで、免疫力の低下をまねいたり、にきびやくすみなどの肌トラブルを起こす原因にもなります。その背景には睡眠中に成長ホルモンが分泌されて細胞分裂が起こり、新しい細胞に生まれ変わる事も関係しています。

睡眠中、特に22時から夜中の2時の時間帯には、成長ホルモンが分泌されます。新しい細胞に生まれ変わり、老廃物が排出されたり古い角質がはがれて新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーという新陳代謝にも関係があります。生活リズムがみだれて不規則な方は就寝時間が遅かったり、睡眠不足によって成長ホルモンはきちんと分泌されなくなりますので、免疫力の低下を招いたり細胞分裂も正常に行われなくなってきますので、肌トラブルを招く原因にもつながります。

肌トラブルにはにきびやくすみ、色素沈着によるシミやシワ、毛穴の開きによるたるみなど色々な症状が挙げられますが、ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時の間にどれだけ深い睡眠状態に入っていられるかということも大きく影響します。美肌のためにも就寝時間はできるだけゴールデンタイムを意識し、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

もちろん不規則な生活というのにはバランスが整っていない食事というのもあげられます。人間の身体は食べた物で構成されると言っても過言ではありません。アンチエイジングのために良いと言われているのが抗酸化作用のある栄養素です。たとえばビタミンEやポリフェノール、リコピンなどが挙げられますし、お肌のためにはビタミンCや保湿成分のコラーゲンも大事です。これらの成分を普段の食事で十分にバランスよく摂取出来ていると、成長ホルモンも分泌されたうえで栄養も各所に運ばれますし、お肌の調子も良かったり肌トラブルも起きにくくなります。普段の食事できちんと十分な量を摂取出来ないという場合には、インナーコスメでドリンクやサプリメントで摂取することもできますので、ニーズに合わせて選んでいくと良いでしょう。

お肌の外側からと内側から、両方からアプローチする事と睡眠をきちんととるようにすれば、美肌には確実に近づくことが出来ます。メイクでただ隠したり盛ったりするだけではなく、肌本来の美しさを出すためには、内外からのアプローチが必須です。まずは色々なケアをすることの前に、ベースとして睡眠をきちんととる事から始めていきましょう。