• ホーム
  • 目の下のクマを消したい!クマの種類を知ろう!

目の下のクマを消したい!クマの種類を知ろう!

目の下のクマがあると、疲れて見えたり老けて見えたりと言ったデメリットがありますし、とても気になります。一言でクマと言ってもその種類や原因は異なりますし、今出来ているものがどういった種類なのか、また原因を知った上で対策を行っていく事が大事です。

まず茶クマは、クマの境目の皮膚を引っ張っても上を向いても目立つというのが特徴です。主な原因は色素沈着です。一番影響するのが紫外線ですが、紫外線を受けてダメージを受けたところで目をこすってしまったりする事で色素沈着しやすくなります。アトピー性皮膚炎や乾燥による痒み、化粧品かぶれやメイクが落ち切っていない時にも起こります。茶クマはシミと同様でメラニン対策をすることで改善される事が多く、美白効果の高い化粧品やシミ取りなどでも使われるレーザーがお勧めです。

青クマは血行不良が主な原因です。クマの境目の皮膚を軽く下に引っ張ると目立たなくなるのが特徴です。冷えや生活習慣の乱れ、ストレスを溜めこんでいたり寝不足は影響しやすいと言われます。寝不足は美肌の天敵とも言われますが、クマに関しても血行不良が起きますので良質な睡眠を心がけてストレスを溜めこまないようにしましょう。パソコンを使ったり、スマホをいじる時間が長いと目の周囲の筋肉を酷使する事になりますので、血行不良が起きやすくなります。パソコンやスマホも原因となることもありますので要注意です。長時間作業をしたりスマホを使って青クマが出来てしまった時は、ホットタオルを使って温めてからマッサージケアをすれば効果的です。

最後に黒クマですが、こちらは上を向いて鏡を見ると目立たなくなるのが特徴です。青クマと茶クマはコンシーラーやファンデーションでもカバーすることが出来ますが、黒クマはメイクで隠すのが困難です。生まれつき目の下の脂肪が少なかったり、加齢によって目のまわりの脂肪が委縮する、または皮膚のたるみの影響で皮膚のへこみが目立って影が出来てしまっている状態です。もう一つ加齢で目の下にある眼窩脂肪を支える筋肉がゆるみ、眼窩脂肪が突出してしまうためたるみが生じてその下にへこみが出来てしまうタイプもあります。黒クマの場合は体質的なこともありますし、加齢が原因ですと目の下のたるみ取りという美容外科的な処置が必要となる事が多いです。自分でできるケア方法が無いということもあって、一番やっかいなクマとも言えるでしょう。