公開履歴
きれいな目元

他人から美人と思われる要素は色々ありますが、目元が綺麗というのはまず第一に挙げられるのではないでしょうか。ここで大きなポイントは目が大きく見えるということです。ぱっちりと大きな目だと印象も全然違います。女子力の高さはメイクへのこだわり、おしゃれだったりと色々ありますが、目が大きく見えるアイメイクは特に注目です。気になる男子から評価の高い女の子のポイントを参考にして、女子力を上げていきましょう。

おしゃれまつ毛でライバルと差を付けろ!

男子からモテたい、また女の子同士のライバルに差をつけたいと思った時には、まず女子力を磨くことからです。男子は潜在的に自分にない女の子らしさを求める傾向があるのです。ですからファッションにおいてもパンツよりもスカートを履いている女子の方が評価が高いのも事実ですし、パンツスタイルが多い方も男子からどう見られるかを意識してお洒落をしてみるのも良いでしょう。

ファッション界をリードしているモデルさんのような体型までとは言わなくても、好感度のある体型というのもあります。比較的女性の感覚よりも少しぽっちゃりめの方が好感度は高いということも有りますが、かわいい服を着こなせないようでは残念です。自分に自信を持つことが出来れば、さらに恋愛も積極的に進む事が出来ますし、大事なことは自分で自信が持てるような体型、そして見た目に変身する事です。

美は一日にして成らずですし、おしゃれをするのも雑誌を見たりウィンドウショッピングをする中で研究していく事も大事です。もし憧れのモデルさんがいるようでしたら、最初はファッションも真似をすることからでも良いのではないでしょうか。自分にセンスが無いと思うなら真似をすることから始めていけば、だんだんそれが身についてくるようになります。

男性の世界でも雰囲気イケメンという言葉があるように、女の子も女子力が高ければ評価は高いですし自分磨きの中でもまずはお洒落をすることから始めていくのが良いです。ファッションだけではなく、自分に1番似合うメイクを探す事、そして着たい服が可愛く着こなせるような体型に近づけるというのも重要なポイントです。

ここで注意をしたいのは、いくら自分がかわいいと思った服でも、周りからどう思われるかということも意識をして選ぶ事も大事だということです。かなり個性的で攻めたファッションともなれば、男子からは不評だったりしますし、それよりも清潔感のある普通な感じの方がモテるということも有るかもしれません。周りの男友達にどういう感じの女子がモテるのか、聞いてみるとそれがわかるかもしれません。意外と女子の感覚と違っていることもありますのでとても参考になる意見になるでしょう。

男子は意外と目元を見ている!

人は会って3~5秒で第一印象が決まると言われています。しかも最初の見た目で9割ぐらいを判断されてしまうという調査結果もあるぐらい、第一印象は重要なのです。それを考えた時に、いかに好感度が高くかわいく見えるかを演出するのは大事な事ですし、その点では自分の努力次第というところもあるのでどうすれば可愛くみえるかをまずは考えていきましょう。

まず目がぱっちりとして大きく見えるというのは重要な要素です。美人、キュートといった印象にもなりますし、元々目が二重で大きいということであれば良いのですが、日本人の場合には奥二重の方や一重の方も多いですし目元で悩んでいる方も実際には多いです。美容整形で二重にするという根本的な治療も有りますが、高額な費用が掛かりますしダウンタイムや痛みなどのリスクもあります。それを考えた時に、アイメイクでも変えられるというのはポイントです。

女子だけではなく男子も意外と相手の目元を見ているということもありますので、アイメイクの重要度は高いと言えます。気になる男子からかわいいと思ってもらえるような目元にするのであれば、長くボリュームのあるまつ毛にするためにできることを実行するのがお勧めです。注目されるのはまつ毛ですが、女の子の間ではまつ毛メイクをリードしているとも言われるマツエクをしたりつけまで盛る外国人風メイクが流行っていますが、実は男子からは意外と不評というのも気になる所です。いくら目を大きく見せる事が出来ても、盛り過ぎたメイクというのはちょっとという声が意外と多いので、モテる女子を目指したいのであればマツエクやつけまをせずに、自まつ毛を育毛してナチュラルなアイメイクにするのがお勧めです。

マスカラの方がマツエクやつけまよりはナチュラル感はありますし、長さが足りない方やボリュームをもっと出したいということでしたら使ってみるのもありですが、重ね塗りしすぎるとダマになってしまいます。あまり細かい所は見ていないと思っているかもしれませんが、ダマになっている事が気になるという男子もいますのでそうならないように気を付けましょう。ファッションにしてもメイクにしてもやりすぎた感は禁物です。